ガスコンロのメリット

家を購入する際に見ておきたいのが女性でしたらやはりキッチンです。毎日使う場所なので使いやすくないとテンションが下がってしまいます。ことにコンロは注目したい場所です。最近ではIHのコンロが主流かと思われますがガスも負けてはいません。ガスコンロにはガスコンロのいいところがあります。目で見て火加減がわかる、というのは最大のメリットではないでしょうか。また、中華料理のような炒め物をする際にはフライパンが燃えそうなほどに火力が無いとおいしくできないことがあります。ぱっと水分を飛ばしてしまえるというのはガスコンロでないと成り立ちません。そんなわけでIHが出てきた頃よりは今ではガスに戻す人も多くいらっしゃいます。ことに購入するとなると再改築には多大なる費用がかさんでしまいますので購入する際にはよく考えたいです。

ガスコンロのグリルの特徴

据置ガスコンロを選択する家庭は多く、天板の素材には、強化ホーローやガラストップなどが使われています。耐久性のみならず、耐熱性にも優れており、鋼板の堅牢度など、見た目以上に衝撃などに強いのも特徴です。また、ガスコンロには魚焼きグリルもプラスされたタイプが主流となっていますが、近年の技術の進歩によって、グリルトレーに水を入れる必要の無い製品も増えています。特に支持されているのが、無水両面焼きで、通常は途中で食材をひっくり返す手間が必要となり、グリル内の熱が逃げやすい難点があったものの、上下から焼き上げるため、ひっくり返す必要は無く、庫内の温度も高く保たれ、こんがり焼きあげることが可能です。また、最近では魚を焼くだけに留まらず、網焼きグリルのみならず、クッキングプレートなるキッチン用品も付帯されており、ピザやパン、グラタンなどのお料理までをグリル調理できる仕様です。

お手入れがラクなガスコンロ

魚焼きグリルが付いているのがガスコンロの特徴の1つで、ガスによる調理では火を使うこともあり、安心できる機能は必要不可欠なもので、魚焼きグリルにもオートグリル機能を付帯させたタイプも増えています。グリル調理したいメニューと焼き加減などを設定することにより、自動で火力を調節し、焼きあがると自動消火されるために、ご年配の方にも安心した調理が可能となっています。また、調理を行うために、油などによって汚れが目立ちやすく、ガスコンロのお手入れに難色を示す方は意外と多く、ゴトク周りのお手入れのしやすさで製品選びを行うのも1つの手です。近年では、サッと拭き取るだけのお手入れとなる、汁受け皿が無いフラット天板も提供されており、煮こぼれしても内部に煮汁が入り込まない構造に仕上げられています。もちろん、汁受け皿があるタイプにもメリットはあり、大量の煮こぼれも汁受け皿が対応し、ゴトクを外してお手入れができ、キレイをキープできます。