安全に使いたいガスコンロ

一般的にガスコンロは2口タイプが主流となっており、火力が必要な炒め物などに適した大バーナーと、天ぷら調理に適した標準バーナーが搭載されています。購入を検討する際、設置するキッチンの壁にも注意点があり、ガスコンロを設置した隣が壁の場合、強火力による火災をはじめ、壁紙やタイルなどに油ハネなどの汚れやキズなどが付着することも視野に入れ、壁とは反対側に火力の強い大バーナーが搭載されている製品選びが適しており、オススメできる豆知識の1つです。また、使用し続けていると見落としがちとなるのが、ガスコンロ特有の使用となるゴムホースの交換時期です。安全上、コンロを買い換える際や定期点検時に交換するのが良く、ガス栓と器具栓の位置を確認し、知識が乏しい場合にはガス専門業者に依頼するのが望ましく、ガスを用いる調理機器には必要な事柄です。

近年のガスコンロの性能

ミニキッチンにも取り付けることができるのがビルトインタイプのガスコンロで、キッチンをリフォームした家庭などで導入されています。安心と安全性を高める必要があるガスタイプのコンロですが、機能性能は年々向上しており、近年ではスタイリッシュなデザインなどが採用され、各家庭のキッチンの雰囲気に合った色柄が展開されています。例えば、光沢感が魅力のホーロートップにも白や黒だけではなく、ピンクやグリーンなどの女性ニーズに合ったカラー展開も魅力です。さらに2口タイプのガスコンロのみならず、3口・4口のワイドタイプも料理好きな方々から評価されています。また、使い勝手にも配慮されており、2口コンロも横に並べるのではなく、同時に調理する際に鍋の持ち手やフライパンなどが接触し、調理の邪魔となりやすい声を反映し、前後に設置させたタイプが支持を集めています。また、安全モードには天ぷら油の加熱防止機能をはじめ、焦げ付きを防止する消火機能、さらに高齢者にも優しい配慮となる消し忘れ消火機能やブザーにて知らせる機能までが備わっています。

ガスコンロの充実した機能

ガスコンロと一口に言っても、コンロ調理機能のみならず、グリル調理機能やレンジフード連動機能など、その機能性は家庭でも評価されています。例えば、ガスコンロで調理する際、時代のニーズにあわせた機能が採用されており、炊飯器の利用ではなく、ガスによる炊飯調理を行う家庭のニーズにあわせて、自動炊飯機能を取り入れ、お粥調理までも手軽に行え、ふきこぼれ防止や自動消火で安心した炊飯調理を可能にしています。また、調理タイマーによって、調理の時間を意識しながらも他の調理行程でコンロから離れた場合に配慮し、1分からの時間設定によって自動消火してくれる機能までが備わっています。調理によっては火力も大事になるため、低温調理から高温調理まで、温度をキープできる機能を付けるのみならず、鍋底の温度を察知し、自動でコントロールするなどの多機能が魅力となります。